迦の涅槃時に立ち会ったとされる羅漢の数が五百人で
あったことから、五百羅漢という言葉が一般に知られていますが
、その百年後に七百人の羅漢達が結集し、
教えを正しく伝えるために勉強会を開いたといわれます。

当寺はこの時の数に合わせ、五百躰の完成後に
第二結集として七百躰を追加し、
平成3年に千二百羅漢の寺となりました。



The temple has a wonderful array of 1,200 carved stone figures
of Rakan (disciples of Shaka, the founder of Buddhism) made by
people from various parts of the country from 1981 to 1991.
All of the carvings have amusing or contented expressions that
warm the hearts of visitors.